dima
  • 将軍野の書斎

    約6000冊の本を保管するための、個人住宅の「はなれ」の増築。

    光を遮断すべき書庫室を左右2部屋に分けて、
    その間に、本を読んだり客人を招いたりできる書斎ラウンジを配置した。
    閉鎖的な書庫とは逆に、書斎ラウンジはとても開放的で、
    南側の庭から北側の空地まで風景が通り抜けていく。

    想定された敷地から少し広がった範囲を一体的に考え、
    より大きな周辺の中で建築を成立させることを目指した。