■建築の日本展

六本木ヒルズの森美術館で行われている「建築の日本展」に出展した。

… →

建築の日本展01

で、その様子を見に行ってきた。

「建築の日本展」は古代から現代までの日本の建築を9つのキーワードでカテゴライズし、

それぞれ模型などを展示する大型の建築展覧会。

4/25から開催されている。

 

ここで我々は、9つの章のうちの一つ「1.可能性としての木造」のコーナーで、

木造超高層プロジェクト案を展示した。

 

会場は原則撮影禁止なので、製作途中の模型がこちら。

建築の日本展02

このプロジェクトは、「純木造」で高さ200mの超高層建築をつくるというもの。

(1/100で、2mもあるデカイ模型。)

今回の展示のために結成された「チーム・ティンバライズ200」のメンバーで、以前より計画を進めてきた。

技術的にはすでに実現可能であることを示す一方で、

超えなければいけない現実的なハードルはまだまだ多いため、

その課題を浮き上がらせる提起的なプロジェクトでもある。

 

建築としては、伝統的な木造建築を踏襲した構成で、以下の3要素からなる。

主屋(メインフレーム)

下屋(サブフレーム)

室礼(スクリーン)

 

メインフレームは2m角の大きな柱と梁で、階高10mの大きな骨骼。

サブフレームはメインフレーム内につくられ、階高3mの骨組みが積層される。

スクリーンは、内部環境を制御する外皮や、空間を規定する間仕切りなど。

 

今回の展示では、構造をあらわす模型にとどまったが、

引き続き実現に向けて案を発展させる所存。

 

 

さて、このプロジェクト以外にも見どころはたくさん。

建築の日本展04

千利休の茶室「待庵」の原寸模型。

中にも入れる。極小の宇宙。絶妙なスケール。

建築の日本展05

「丹下健三自邸」の1/3模型。

1階をピロティにする構成は、広島平和記念資料館と同じ。

この二つは撮影可。

 

他にも日本を代表する近現代建築や、歴史的建造物の模型展示が多数並び、じっくり見てると1日かかる。

そして展覧会のチケットで屋上にも行ける。

建築の日本展06

初めて来た。

田舎者ゆえ東京タワーを見ただけでテンション上がる。。。

「あ、東京タワーだ。」と絶対言ってしまう。。。

 

「建築の日本展」は9/17まで開催。

 

← …

■ステッキチェア

椅子について勉強したとき、良いなと思った一脚。

… →

オリジナルはトーネットで、秋田木工でかつて生産されていた「ステッキチェア」。

stickchair

秋田木工は曲木専門の家具工房として100年以上前に設立され、

以来、トーネットのリプロダクトを多数製作してきた。

 

時代を超えて人気を誇るベストセラーがある一方、

もう生産されていない椅子も多く、

「ステッキチェア」もそうした一脚。

消えた名作。もったいない・・・。

・・・。

 

 

 

って。あったよ。

近所の古家具屋さんに偶然置いてたよ。

しかも手頃な値段。

 

なんだこの出会いは。

なんだこの出会いは。

考えるまでもなく、即買い。

まさにステッキのごとく、片手に持って帰ってきた。

stickchair1

・・・うーむ、美しい。

30〜40年前のものと思われる。状態は良好。

 

stickchair2

シンプルで合理的な折りたたみ機構。

これぞ機能美。

 

stickchair3

フォルムも良い。

座り心地は華奢でイマイチではあるが。

 

紳士淑女が散歩中疲れたときに、ちょっと一休みするために開発された椅子(杖)らしい。

ユーモア。

 

ともかくいたく気に入った。

やっぱり今年は大吉だ!

 

← …

■お知らせ 20180401

さくらさく。。。

… →

このたび業務拡充に伴い、東京にも拠点をもうけました。

 

これにより、都内および関東近辺にお住いの方で、

秋田にAターンして家を建てたい方との打ち合わせにも対応できます。

検討している方はお気軽にご連絡ください。→ CONTACT

 

とりあえず名称は「渡部光樹建築設計事務所 国立オフィス」としておきます。

「こくりつ」ではなく、「くにたち」と読みます。

 

はい、東京都は国立市。

国立市大学通り

いい街です。

文教地区に指定されていて、おだやかで落ち着いた街並みがとても気に入りました。

羽田空港からはリムジンバス直通。

都心からはやや遠いのですが、23区では都会すぎてアレルギーを起こしそうなので、

迷わずこの街を選びました。

大学通り桜

驚いたのは、都市計画がしっかり作られていて、景観や情景を乱すものが少ないこと。

市民が自分の街を愛しているのが伝わってくるような、そんなところです。

 

<国立オフィス>

〒186-0003

東京都国立市富士見台三丁目6-3.302

TEL:043-505-5354

→ ABOUT

 

どうぞよろしくお願いいたします。

← …

■ストレス解消

なんか忙しい。ホームページを更新できない。。。

… →

うーん、そんな時は。

cheese

チーズ祭りじゃー!

 

ポンレベック。

ダフィノワトリュフ。

クラリーン。

ロッソディランガ。

マンステール。

ベットマルシェーブル。

セザールレガリス。

サントモール・ド・トゥーレーヌ。

エポワス。

などなど!贅沢食い。

 

 

ひとつわかったことがある。

 

チーズは、ばくばく食べるもんじゃない。

濃い。

鼻血出るかと思った。

 

← …

■今日のおやつ

うちの事務所では、3時のおやつタイムがある。

… →

今日のおやつは。

豆豆豆

つぶあん。

ミックスナッツ。

コーヒー。

 

豆豆豆。

まめはうめー。

一息ついて、またがんばろう。

 

← …

■謹賀新年2018

あけましておめでとうございます。

… →

今年もよろしくお願いします。

 

2018年は住宅設計に力を入れていこうと思います。

サボっていたホームページの更新も。

近々、新しいプロジェクト(住宅の)をいくつか載せます。たぶん。

 

あと、設計依頼時の流れについて、新たにページを作りましたのでよろしければ参考にしてください。

> FLOW ページへGO。

 

← …

■六本木の安藤忠雄展へ

行きたい行きたいと思ってた「安藤忠雄展-挑戦-」をやっと見に行けた。

… →

会期終了ギリギリの日曜日。

初めての、国立新美術館へ。

六本木しったげ都会だな。。。

 

日曜だからちょっと混んでるかな、と軽く考えてたら、とんでもなかった!

入場まで2時間待ちの大・大・大行列!

 

やっと入っても人だらけで展示が満足に見れない。

人ごみは苦手。。。目が回る。

 

すでに夕方。

閉館時間も迫って全部見れなそうなので、序盤をすっ飛ばして一直線に「アレ」へ。

日が沈みきる前に・・・!

 

光の教会実物大展示

これだ〜。

 

安藤氏の初期代表作の一つ、「光の教会」。

の実物大展示。

本展示の目玉、美術館の敷地内に実際に建てちゃってるやつ。

 

建築の物心ついた頃から、写真や図面で見てきたこの空間を、実際に体験できた。

いやー感動。。。

 

 

しばらく味わったのち、ふと我に返って、

この建物は何なのかをちょっと考えてみた。

 

これはこの展覧会のためだけに建てられたもので、本物の教会じゃない。

大阪に建つ「本物」にはある十字架部分のガラスや照明器具など、余分な要素もない。

さらには、じつは「本物」と同じ鉄筋コンクリート造ではなく、鉄骨造だという。

 

つまりこれは、単なる「本物のレプリカ」ではなく、

純粋に空間性のみを再現する為の「模型」だ。

 

建築の実務では、どんな空間かを確認する為に模型を作ったりするけど、

これはまさにその「実物大の模型」。

驚嘆せずにはいられない。

「光の教会って知ってるやろ。こんな空間やで。」

てことか。

 

しかし人が多い。。。

安藤忠雄ってこんなに一般的に有名だったのか。

教会の「模型」に群がり、差し込む光に向かって一斉にスマホをかざす我々は、

キリスト教ならぬ、まさしく「ANDO教」なのだな。。。

ありがたや〜。

 

← …

■前川邸

江戸東京たてもの園で「ル・コルビュジェと前川國男」展をやってたので見に行ってきた。

… →

園内には昭和の住宅がたくさんあって、前川國男の自邸(1942)も移築復原されている。

前川邸03

「木造モダニズム建築」といえばこれ。

というわけで、お邪魔しまーす。

前川邸01

 

感想。すごく良かった。

いや、良かった。

30坪とそれほど広くない面積ながら、いかにそれを豊かな空間にしようかと尽力したにちがいない。

 

前川國男は大学卒業式の日の夜、シベリア鉄道でパリへ向かい、コルビュジェに弟子入りしている。

その後二年間、コルビュジェの事務所で働いた。

 

この住宅では、サヴォア邸との共通点がいくつも発見できた。

前川が在籍していた頃、サヴォア邸はちょうど設計が終わり工事中だったはず。

水平連続窓、台所の作り方、暖房設備の置き方、窓の穿ち方、収納の作り方、などなど・・・。

大窓の参照はラ・ロッシュ邸かもしれない。

前川邸02

 

帰国後、アントニン・レーモンドの事務所で働いたので、木造建築の作法はレーモンド譲りか。

(本当はコンクリートで作りたかったのだろうと推察する。でも戦時中だったので。)

それらと伝統的な日本式住宅の意匠とが合わさった感じで。

いや、良かった。

 

展示も良かった。

前川邸04

貴重な原図やスケッチの数々。

 

さらに、藤森照信さん、山名善之さん、米山勇さんの御三方によるシンポジウムを拝聴。

近代建築史の良い勉強になった。

しかも、史実には出てこないようなエピソードまで聞けて楽しかった。

点で知っていただけの知識が線になった感覚がした。

← …

■秋田駅待合ラウンジ

JR秋田駅の待合室が、この春「待合ラウンジ」としてリニューアルOPEN。

… →

幸運なことに、家具コーディネートを担当させて頂いた。

秋田美大の准教授・小杉栄次郎先生との恊働案件。

 

オープン後の状況を見に行ってみた。

秋田駅待合ラウンジ02

満席。

電車を待つだけじゃなくて、寄合い的にも使えるラウンジ。

テーブルやイスなどの家具は、木の内装に合わせて、木製のものがほとんど。

JRの皆さんからも「すごく評判が良い」と褒めてもらえて、よかったー。。。

 

ちなみに今回の仕事は家具のコーディネートのみなので、(残念ながら…)空間の設計には関わってない。

秋田杉のルーバーで覆われた内外装のデザインは小杉さんによるもの。

天井は平らではなく、高くなったり低くなったりと、ダイナミックな空間を演出している。

 

昨年の秋ごろから、小杉さんをリーダーとして、家具製作者として萩原製作所の若頭・萩原博則さんと、家具コーディネートのサポートスタッフとして私の3人でこのプロジェクトを進めてきた。

 

このブログでもところどころ、その経過を書いてきた。

秋田観光の拠点となる空間のため、秋田が誇れるプロダクトのつくり手・曲げ木家具「秋田木工」や川連塗り工房「寿次郎」にご協力を仰いだり。

さらに、秋田県の形をした巨大スツールのデザインを今中隆介教授に担当して頂いたり。

多くの力が合わさった。

 

まあ過程はともかくして。。。

秋田駅待合ラウンジ01

老若男女、ゆったりとくつろいでくれれば何よりです。

秋田駅待合ラウンジ04

併設の、観光案内所(秋田市の管轄)のインフォメーションカウンターもデザインさせていただいた。

天板には天然秋田杉を使用している。

秋田駅待合ラウンジ03

時刻表や観光ポスター等を掲示しているポスターケースもさりげなくオリジナル。

フレームレスのアクリル製で、木の空間の邪魔をしないよう極めてシンプルにデザインした。

 

ちなみに、写真手前の「アキタリビング」と書かれたこのポスター。

本ラウンジのコンセプトとそれぞれの家具の説明が書いてあるので、ぜひ現地で確認してみてください。

← …

■クライマックス

3月のとある夜・・・。

… →

終電後の秋田駅に集められた我々関係者・・・。

秋田駅待合ラウンジ05

この冬期間、JR秋田駅の待合室はリニューアルオープンすべく工事中だった。

この日までにすでに内外装は工事を終え、待合室として仮使用されている。

秋田駅待合ラウンジ06

そして今夜、新たに計画してきた家具の搬入を行なうのだ。

無事に終われば明日の始発から「待合ラウンジ」として、正式オープンだ!

わくわく。

秋田駅待合ラウンジ07

設置を待つ家具たち。

「秋田木工」の家具製品を、この空間のために別注した特別仕様品(スペシャルエディション)だ。

伝統の曲げ木技術。

 

写真手前はご存知不朽の名作、剣持勇デザインのスツール「No.202」。

脚は木本来の色を活かした塗装仕上で、座面はアルカンターラという高級素材を張ったもの。

脚と座のカラーリングはずいぶん検討を重ねたなぁ。。。

 

さて、こちらはダイニングチェア「No.503」。

秋田駅待合ラウンジ10

座面にはこまち普通席シートの生地を張っているという、JR施設だからこそ実現した、鉄道的レアコラボアイテム。

ホームを見下ろせるカウンター席に。

秋田駅待合ラウンジ08

で、こちらは分厚い天然秋田杉を使用したローテーブル。

これはこのプロジェクトに合わせて作ったオリジナル家具。

杉は二ツ井町のくどうはじめ材木店、鉄は五城目の川村鉄工所のご協力のもと。

秋田駅待合ラウンジ09

こちらは一枚の板を折り曲げたようなデザインのイス。

奥のテーブルもオリジナル家具。

オリジナル家具はすべて、萩原製作所にて製作。デザインは秋田美大の小杉准教授。

 

さて並べるぞ。

秋田駅待合ラウンジ11

JR秋田支社の皆さん、萩原製作所の社長はじめ職人の皆さん、秋田木工の社長はじめ職人の皆さん、我々デザインチームと総出で、ワイワイガヤガヤとあっという間にレイアウト。

秋田駅待合ラウンジ12

これ。

普通の駅待合にはまずないであろう、ロッキングチェアの導入も“ラウンジ”と言うコンセプトなればこそ。

座り心地は抜群。

はあー、くつろげる。。。

さすが秋田木工往年の名品。。。

傍らには、バネのように揺れる木製スツール「クルビス」も。

とても面白い座り心地。

秋田駅待合ラウンジ13

こちらは、開封した瞬間みんながどよめいた、川連漆のテーブル。

渋い、かっこいい。

秋田駅待合ラウンジ14

中央にどーんと構えるのは、秋田県の形をした特大スツール。

6つに分割可能で、秋田を走る鉄道のラインが描かれている。

 

座面が波打っているのは、実際の地形を表現したもの。

たしかに、鳥海山のあたりがいちばん高くなっているぞ。

デザインは秋田美大の今中教授。

グレーの素材は、継ぎ目の無いウレタンコーティング。特殊な技術とのこと。

秋田駅待合ラウンジ15

何とミニチュアまである。(非公開品)

 

ふいーー・・・

秋田駅待合ラウンジ17

無事並べ終わって、午前2時頃、解散。

秋田駅待合ラウンジ16

お疲れ様でした!

 

← …