■軸組検査

ちょっと前に、合板製造の県内最大手である「秋田プライウッド」の工場が火災したというニュースがありましたが、その影響がこちらの現場にも及んでいました。

… →

と言っても、工事そのものには支障無いので良かったのですが。

2016-07-16

床と屋根に敷かれる、厚さ24ミリの構造用合板。

「ホクヨープライウッド宮古工場」と書いてあります。

ってことは岩手県宮古市から送られて来たんですね。

秋田プライウッドの関連会社のようです。

 

当時の報道では、4月に秋田市向浜の工場1棟が全焼し、さらに6月には男鹿市にある工場までもが焼けるという、何とも不運な事故を報じていました。

ケガ人はいないとのことで不幸中の幸いにホッとしつつも、さて建築関係者が懸念するのは流通のこと。

とつぜん製造拠点が無くなってしまったので、合板が手に入るのか不安だったのですが、グループ企業でカバーしてくれてまずは一安心です。

工事監督さんによると、県内にある合板は年間契約しているハウスメーカー等へ優先的に在庫を提供しているとのこと。

うちのような末端の小規模現場は危うかったみたいですが、宮古工場のおかげで助かりました。

それにしても、宮古といえば東日本震災のときは自身も被災しただろうに、今はしっかりと復興して逆に助けてくれるなんて。

宮古工場ありがとう。

 

で、滞りなく進む将軍野の現場は、本日軸組検査。

柱・梁などの部材の寸法や位置、接合金物の種類など逐一チェックします。

指摘事項特に無し。

順調です。

2016-07-16-2

ただ、検査の日は何故かいつも雨。。。

 

← …