■建築の日本展

六本木ヒルズの森美術館で行われている「建築の日本展」に出展した。

… →

建築の日本展01

で、その様子を見に行ってきた。

「建築の日本展」は古代から現代までの日本の建築を9つのキーワードでカテゴライズし、

それぞれ模型などを展示する大型の建築展覧会。

4/25から開催されている。

 

ここで我々は、9つの章のうちの一つ「1.可能性としての木造」のコーナーで、

木造超高層プロジェクト案を展示した。

 

会場は原則撮影禁止なので、製作途中の模型がこちら。

建築の日本展02

このプロジェクトは、「純木造」で高さ200mの超高層建築をつくるというもの。

(1/100で、2mもあるデカイ模型。)

今回の展示のために結成された「チーム・ティンバライズ200」のメンバーで、以前より計画を進めてきた。

技術的にはすでに実現可能であることを示す一方で、

超えなければいけない現実的なハードルはまだまだ多いため、

その課題を浮き上がらせる提起的なプロジェクトでもある。

 

建築としては、伝統的な木造建築を踏襲した構成で、以下の3要素からなる。

主屋(メインフレーム)

下屋(サブフレーム)

室礼(スクリーン)

 

メインフレームは2m角の大きな柱と梁で、階高10mの大きな骨骼。

サブフレームはメインフレーム内につくられ、階高3mの骨組みが積層される。

スクリーンは、内部環境を制御する外皮や、空間を規定する間仕切りなど。

 

今回の展示では、構造をあらわす模型にとどまったが、

引き続き実現に向けて案を発展させる所存。

 

 

さて、このプロジェクト以外にも見どころはたくさん。

建築の日本展04

千利休の茶室「待庵」の原寸模型。

中にも入れる。極小の宇宙。絶妙なスケール。

建築の日本展05

「丹下健三自邸」の1/3模型。

1階をピロティにする構成は、広島平和記念資料館と同じ。

この二つは撮影可。

 

他にも日本を代表する近現代建築や、歴史的建造物の模型展示が多数並び、じっくり見てると1日かかる。

そして展覧会のチケットで屋上にも行ける。

建築の日本展06

初めて来た。

田舎者ゆえ東京タワーを見ただけでテンション上がる。。。

「あ、東京タワーだ。」と絶対言ってしまう。。。

 

「建築の日本展」は9/17まで開催。

 

← …