■前川邸

江戸東京たてもの園で「ル・コルビュジェと前川國男」展をやってたので見に行ってきた。

… →

園内には昭和の住宅がたくさんあって、前川國男の自邸(1942)も移築復原されている。

前川邸03

「木造モダニズム建築」といえばこれ。

というわけで、お邪魔しまーす。

前川邸01

 

感想。すごく良かった。

いや、良かった。

30坪とそれほど広くない面積ながら、いかにそれを豊かな空間にしようかと尽力したにちがいない。

 

前川國男は大学卒業式の日の夜、シベリア鉄道でパリへ向かい、コルビュジェに弟子入りしている。

その後二年間、コルビュジェの事務所で働いた。

 

この住宅では、サヴォア邸との共通点がいくつも発見できた。

前川が在籍していた頃、サヴォア邸はちょうど設計が終わり工事中だったはず。

水平連続窓、台所の作り方、暖房設備の置き方、窓の穿ち方、収納の作り方、などなど・・・。

大窓の参照はラ・ロッシュ邸かもしれない。

前川邸02

 

帰国後、アントニン・レーモンドの事務所で働いたので、木造建築の作法はレーモンド譲りか。

(本当はコンクリートで作りたかったのだろうと推察する。でも戦時中だったので。)

それらと伝統的な日本式住宅の意匠とが合わさった感じで。

いや、良かった。

 

展示も良かった。

前川邸04

貴重な原図やスケッチの数々。

 

さらに、藤森照信さん、山名善之さん、米山勇さんの御三方によるシンポジウムを拝聴。

近代建築史の良い勉強になった。

しかも、史実には出てこないようなエピソードまで聞けて楽しかった。

点で知っていただけの知識が線になった感覚がした。

← …