■ステッキチェア

椅子について勉強したとき、良いなと思った一脚。

… →

オリジナルはトーネットで、秋田木工でかつて生産されていた「ステッキチェア」。

stickchair

秋田木工は曲木専門の家具工房として100年以上前に設立され、

以来、トーネットのリプロダクトを多数製作してきた。

 

時代を超えて人気を誇るベストセラーがある一方、

もう生産されていない椅子も多く、

「ステッキチェア」もそうした一脚。

消えた名作。もったいない・・・。

・・・。

 

 

 

って。あったよ。

近所の古家具屋さんに偶然置いてたよ。

しかも手頃な値段。

 

なんだこの出会いは。

なんだこの出会いは。

考えるまでもなく、即買い。

まさにステッキのごとく、片手に持って帰ってきた。

stickchair1

・・・うーむ、美しい。

30〜40年前のものと思われる。状態は良好。

 

stickchair2

シンプルで合理的な折りたたみ機構。

これぞ機能美。

 

stickchair3

フォルムも良い。

座り心地は華奢でイマイチではあるが。

 

紳士淑女が散歩中疲れたときに、ちょっと一休みするために開発された椅子(杖)らしい。

ユーモア。

 

ともかくいたく気に入った。

やっぱり今年は大吉だ!

 

← …